医学部・難関大を目指す塾|ラ・サール会 日高ゼミ 

医学部受験・難関大・難関高に自信あり!合格実績は多数。数学が強くなります 

ホーム日高ゼミのブログ ≫ 塾生OB・OGの声 ≫

ブログページ

金沢大学医学類合格:OB生からのメッセージ

OB OG Voice

金大附属幼・小・中・高→金沢大学医学類(一般枠推薦) 小川 宜彦

「努力に勝る天才は無し」

 

これはラ・サール会日高ゼミの玄関と教室に掲げられている言葉である。この言葉が私を励まし続けた。高校2年の夏、私はラ・サール会日高ゼミの門を叩き、日高邦郎先生に出会った。初めての授業、そこで私は未だ嘗て経験したことのない斬新な授業スタイルに感銘を受けたのを、今でも鮮明に覚えている。後輩に質問され、先輩に教わる。この先輩後輩の強靭なベクトルが、生徒一人ひとり能力を最大限に引き伸ばす。そしてラ・サール会日高ゼミの最強のバイブル「Original Black(日高邦郎著)」を用い、日高先生が適切な指導を行う。彼の「適切」な指導とは、生徒を合格させる「最短」かつ「最良」の方法であり、それは彼の膨大な指導経験と努力から導かれている。学校行事、部活、趣味に莫大な時間を注いでいた私にとって、「最短」の方法は大変有り難かった。

 

 私は、入塾後の実力テストの数学で学年1位を取り、先生のご指導に絶対の信頼を置くようになった。また高2の冬に都会の某予備校で数学の講義を受講したが、日高先生の授業に慣れている私にとって、決して満足できるものではなかった。数学で絶対的なアドバンテージを確立することで、塾で授業がない日には数学以外の科目にすべての時間を費やすことが可能となり、成績は驚くほど上がった。彼の授業は即効性の魔法のクスリであった。「目前の問題ではなく、どんな類題でも解ける解法」を教わったことがラ・サール会日高ゼミ生の最大の武器であろう。春・夏・冬の長期休暇の特訓では、私は毎日夜12時過ぎまで塾で勉強し、日高先生からできるだけ多くを学ぼうと努めた。そして試験本番では時間的・精神的ゆとりを持って解くことができた。これは日高先生のご指導のおかげだと確信している。そして受験が終わってみてわかったこと・・・それは、努力していたのは私だけでなく日高先生ご自身が塾生と共に努力し続ける、努力の天才だったのだ。これがラ・サール会日高ゼミが優秀な生徒を輩出し続ける由縁だろう。

 

 理系文系問わず、東大・国公立医学部・その他難関大に合格したい高校生、金沢大学附属中学校・高校に合格したい小中学生にとって、日高邦郎先生はこれから先、何年にもわたり受験生の救世主であり続けるであろうことは、疑う余地もない。ラ・サール会日高ゼミへの入塾こそが、私の第一志望合格へのもっとも「最短」かつ「最良」の方法であったと断言する。

 

塾生OB・OGの声はこちら

2020年10月14日 17:37

歯科医で活躍されるOBの方からいただきました

OB OG Voice

医療法人 はやし歯科 理事長・院長 林 繁治

私が問題集兼参考書の「Original Black」と出会ったのは、25年前(高校生時)でした。私塾日高(現在のラ・サール会日高ゼミ)にお世話になり、皆”Black”と愛称で呼び、愛用していました。繰り返し、問題と何通りかの解を暗記していたことを覚えています。当時から改良・進化を続け、現在でも手書きの形で出版されていることに驚かされます。また、受験生から指導者まで幅広い層に愛用されていると聞き、本書の素晴らしさを感じることができます。
 

最近、私の息子も本書を購入し、親子二世代でお世話になっています。また、ラ・サール会日高ゼミも親子二世代で指導していただき、本当にありがたく思っています。私塾日高を出てからも、頻繁に先生と食事をしながら色々とアドバイスを頂いています。また、同期の塾生とも交流し、さらには先輩・後輩のつながりを持つこともでき、私にとっては大きな存在となっています。これも、先生の人柄があってのことです。

ぜひ、気軽にラ・サール会日高ゼミに顔を出してみてください。最後に、著者であり恩師の日高邦郎先生に出会うことができ、現在歯科医師として充実した日々を送っていることに本当に感謝しています。 "Black”が末永く求められ影響を与えるものとなることを念願し、日高邦郎先生の益々のご活躍を祈念申し上げます。
 

塾生OB・OGの声はこちら

2020年10月04日 14:04

OB生・内科医からのメッセージ:『努力に勝る天才は無し』

OB OG Voice

医療法人社団 瑛倖会 なかたクリニック 中田 智大

私がラ・サール会日高ゼミの門を叩いたのは新高2に上がる少し前だったと記憶しています。以前より知り合いであった他塾の先生に医学部に行きたい旨を相談したところ、理系、とりわけ医学部受験ならここで教わるのが一番とのことで日高先生を紹介してもらったのが出逢いの始まりでした。

 入塾前の面接に伺った際に、私の幼少期からの夢である医者になりたい想いを伝えたところ、先生は、「君を絶対医学部に合格させ、そして君にはぜひとも町医者になってもらいたい」と熱く言葉をかけていただいたことが懐かしく想い出されます。

 当時のラ・サール会日高ゼミのスタイルはいわゆる寺子屋のような感じで、教室には小学生、中学生、高校生が一同に日夜勉学に励んでおりました。厳しくも愛情のあるシンプルで且つユニークな先生の指導スタイルにより、勉強の何故かが解るような感動体験をたくさん経験させていただきました。特記すべき想い出として、ラ・サール会日高ゼミにはOB・OGの大学生、社会人が授業中に塾生の激励に来てくださいました。私も高校生の頃は、医学部生や医者の卒塾生が顔を出してくれた時には憧れを抱き、自分も医学部に入る医者になったらこのようで在りたいと考えておりました。

 ラ・サール会日高ゼミの合格力にあやかり、それほど出来なかった私もやっとの思いで医学部合格のご縁をいただきました。医学部に入ってからも日高先生に今度は6年後の国家試験を一発で合格することと発破をかけられ続けました。医学部6年生の夏休み、冬休みは塾生に交じってラ・サール会日高ゼミで国家試験勉強をさせていただいたお陰で、満を持して国家試験に合格することができました。
 最後に塾生諸君に一言「努力に勝る天才は無し」、日高先生を信じて夢を実現してくれることを、遠く横浜の地から応援しております。
 

塾生OB・OGの声はこちら

2020年09月27日 18:56

OG生の声を紹介:東京農工大 農学部獣医学科合格

OB OG Voice

深谷 野乃(金大付属高→東農工大農学部獣医学科)

私は小学生の頃から獣医師を目指しており、強い目標を持って頑張ってきました
そんな志を持っている私でも、高校1・2年生は中学までのポテンシャルで学校で10〜20番以内をキープしていたのですが、部活を11月に引退したことをきっかけに1日中LINE、Twitter、Instagramをしてしまい、1日の勉強時間は30分にも満たない生活が続いてしまいました。そこからみるみる成績が落ちていき、今でもその頃勉強していた単元は苦手です。
皆さんには、分かっていてもできないことですが、自分を甘やかさずにSNSを消すなどして自分を律してほしいと思います。

新1、2年生はどれだけ受験生になるために学力の蓄積ができるかが勝負なので、教科書の予習を欠かさず行ったり、数学ⅠA、数学ⅡB、英単語熟語、古文・漢文を完璧にして少なくともセンター試験レベルの問題は解けるようになっていたら良いと思います。

私は受験生になったら、全教科共通のノートを作り、自分が覚えられないポイントや記述、よく間違える単語を随時ストックしておき、空き時間やテストの直前などに見るようにしていました。分からなかったものに出会った時に随時貯めていくので、それほどストレスにならずにできると思います。
12月はセンター試験の勉強のみでいいと思いますが、私は全然触れておらずセンター試験が終わってから苦労したので、数学Ⅲを忘れないようにすることだけは心がけてほしいと思います。

これから受験生になる人は、辛い1年になるかもしれませんが、1年で終わらせてやるという強い気持ちで頑張ってほしいと思います。
 

塾生OB・OGの声はこちら

2020年08月26日 14:07

OB生の声を紹介:金沢大学 医学部医学科合格

OB OG Voice

黒田 格(高岡・志貴野中→金大付属高→金大医学科→医師)

 私は確信しています。日高先生のおかげで志望校に現役合格できたと!

 私は高2からラ・サール会日高ゼミに通い始め、それまで苦手だった数学が少しずつでき始めましたが、3年の春から夏にかけて部活や学校行事に全力を尽くし勉強を怠ったため成績はどん底まで落ちました。しかし日高先生を信じ、夏休みからは夏季特訓で一日中ラ・サール会日高ゼミに行き勉強しました。努力が結果に現れるまでにはとても時間がかかりましたが、受験生最後の実力テストでは校内3番、結果的に4ヶ月で60人抜きという進化を遂げ、その勢いで大学受験も無事突破!です。この革命には日高先生の力が必要不可欠でした。特に追い込み時期に、理系の山場である数ⅢCは驚くほどあげてもらいました。


 日高先生は口を酸っぱくして”数学はまずは暗記や”と叫んでいたのが思い出されます。まずは繰り返し基礎部分を暗記させ、それからそのエッセンスの色々な使い方を教えてくれることで驚くほど応用力がつきました。また、ラ・サール会日高ゼミの良さは少数精鋭でアットホームな点にあると思います。受験直前の冬休みには毎晩友達と2人で3時まで残り、自分の家の様に自由で、しかし家で一人より張り詰めた雰囲気で勉強することができました。いつでも先生に質問でき、気軽にかつガッチリと勉強できることがとても良かったと思います。

先生はとっても個性的な方ですが、私は先生と良い関係をもてたおかげで最高の成果を上げることができました。ラ・サール会・日高ゼミ本当にありがとう!
 

塾生OB・OGの声はこちら

2020年08月24日 09:51

ラ・サール会
日高ゼミ

〒920-8554
石川県金沢市高岡町2番23号

TEL:090-7744-5310

TEL:076-223-8066

サイドメニュー

モバイルサイト

ラ・サール会 日高ゼミスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら